新しい住まい(仮)

こんばんは!
もう、すっかり夜型人間ですね(笑)。しかし、習慣みたいなもんって、本当に一瞬で変わってしまいますね。今や、朝早起きなんて、さらさら出来ません(笑)。ただ、子供達の準備とかがあるので、それなりには早起きしていますが…。超夜型人間になるのか、超朝型人間になるのか…現在迷い中です(笑)。
さて、仮住まいに引越ししてから、また我が家の新しい生活が始まりました(引っ越ししてから、だいぶ経ちますが…。)まず、今までの生活と大きく違うのは…。今までの家は、リビングなどの生活空間が2階にあり、ほとんど1階は使用していなかったわけです。お風呂も洗面も寝室も2階でした。それが、今度の家は、1階にリビングやお風呂、洗面、2階に寝室なんですよね。まぁ、一般的にはその形が多いでしょうし、新しく建てる家もそうなるんですが。兎に角、今までと勝手が違う訳です。とりわけ心配だったのが、子供達が寝た後。今までは、子供達が起きちゃったり泣き出したりしたら、リビングが側だったのですぐ駆け付ける事が出来たんですが…。今度の家は、リビングに僕や妻が居るとして、寝室までは階段を登らなきゃいけない。結構そういった事が心配だったりしてたんですよね。まぁ、新しく建てる家の造りもそうなので、この仮住まいは良い練習&経験になるのかなぁと思ったりもしていました。
で、結論なんですが…。全く問題ありませんでした(笑)。そもそも、ウチの子達は、全く繊細じゃないのか、滅多に起きない(笑)。たまに上の子が起きちゃったりするんですが、2階から大きい声で「ママ!」とか呼んできます(笑)。それに、うちの子も、よく考えたらもう4歳半と2歳半な訳で、起きてしまっても1人で下に降りてくるんですよね。子供達が赤ちゃんの頃なら、頭抱える問題だったかもしれませんが、今の我が家では、何も心配要りませんでした。以前よりも寝室が広くなったので、下の子がたまにベッドから落ちてるんですが…。無意識のうちに、ベッドに這い上がって、何事も無かったかのように寝ています(笑)。あと、以前は階段が急だったので、上り下りが危なかったんですが…。今は以前よりも緩やかな階段なので、その辺も心配する事なく。子供達は、よく階段を上り下りして遊んでいます(笑)。
玄関とキッチンが狭いので、その点は不便ですが…。その他は全くもって快適です。子供達も新しい住まいにすぐに慣れ、毎日楽しそうに遊んでいます。わずか数ヶ月の短い間ではありますが、楽しく暮らしていけそうで良かったです。
それではまた!

遂に引越しパート3

こんばんは!

今年の9月は、本当に雨が多いですねぇ…。僕らのような、店舗を構えての仕事は、軒並み大打撃だと思われます…。こと、僕が住む名古屋の街は、梅雨時期よりも9月の方が雨が多いらしいのですが…。それにしても、雨、多すぎます…。
さて、引越しの話も大分長くなってしまいましたが…、前回の続きを。引越し業者のお兄さん達の若いパワーによって、荷物はどんどん運び出されていったのですが…。やはり、想定よりも量が多かったらしく、「今から応援を呼びますんで。」と言われてしまいました。そして、しばらくして、4名だった作業員の方達が、気が付いたら倍の8名になっていました。しかも、当初の予定の4トントラックでは積みきれなかったらしく、応援のトラックも使った模様。スピードもさらに増し、どんどん進んで行きます。
夕方近くになり、僕は先行して、仮住まいの一軒家へ向かいました。子供達は幼稚園を延長させ、お迎えは僕と妻の母にお願いしました。夕焼けも見え始めた頃、ウチの荷物を載せたトラックが仮住まいに到着しました。8名にも及ぶ作業員の手によって、素早く養生、そして荷物が運び込まれてきます。2階の細かい置き場所は妻がどんどん指示していきます。一階は僕が担当。でも、正直キッチン用品やら何やら、何処にまとめていいのかイマイチわかりません…(汗)。こういうのって、やっぱり女性が強いんでしょうかねぇ…。そうこうしているうちに、ウチの子達がやって来ました。新しい家に、しかも養生なんかが張り巡らされているので、子供達の冒険心をちょっとくすぐるんでしょうね。案の定、「入っちゃダメ」と言っても家の中に入ってきて、階段を登って2階に行ったりし始めます。まぁ、その子供心、分からなくもないのですが…、何せ引越しの邪魔になるので、邪魔にならないところに移動し、引越しの様子を見学させます。
なんだかんだで、何とか引越しも一通り終えた頃には、もう外は真っ暗に。最後まで丁寧な引越しのお兄さん達に、子供達もバイバイを告げ、引越し終了です。結局その後も、子供達とご飯食べたり、お風呂入れたり、寝かしつけしたりの日々の生活をし、その後、何とか次の日から生活できるぐらいまでの荷解きをしました。妻も僕も、さすがに疲れ果てました(笑)。まぁ、いづれにしても、無事に引越しが終わって良かったです!
次回は、新しい家(仮)での子供達との生活でもアップしようかなと思います。
それでは、また!

遂に引越しパート2

こんばんは!
今年の9月は、まだまだ暑い日が続きそうですね。街を歩いている人達を観察していても、まだまだサンダルを履いている人が結構多いですからね。例年だと、そろそろサンダルは肌寒く感じてみえる時期だと思うんですが…今年は、全然サンダルに違和感がないですもんね。僕は秋が大好きなので、早くもう少し涼しくならないかなぁって思っていたりします(笑)。
さて、前回の続きの話を。引越し当日の午前中、家を取り壊す為のお祓いのような事をしました。神主さんも呼び、かなり本格的な感じで行いました。とっても気さくで面白い神主さんでしたが、ちょっと腹黒さも覗きつつ…(笑)。それで、家中をお祓いしていき、一通りのお祓いをしてもらい、神主さんにお礼をお支払いし、儀式を終えました。神主さんをお見送りする時に、神主さんの車を見てびっくり!最新のクラウンのハイブリッドで、フルスモーキング…神主さんがそれはちょっと…。そして、儲かってるんだろうなぁと…。まぁ、人の価値観はそれぞれなんで、別にいいとは思うんですが…。僕が神主さんだったら、どんなに儲かっていても、きっと軽自動車で移動するだろうなぁ…。
そうこうしているうちに、お昼過ぎを迎え、引越し業者の方達が来ました。如何にも力がありそうな、それでいて誠実そうな、引越しのベテラン臭漂う若い2人のお兄ちゃん(笑)。プラス、さらに若そうな新人っぽい2人の男の子。一通り部屋を案内し、荷物の量を確認していくと、ちょっと硬直状態になるリーダーの方。どうも、予想より荷物が多いなって思ったんではないかと…。かなり引越し料金を値切ったりしたので、申し訳なかったかなと…。とは言え、もうどうにもならないので、業者さん達も手際よく養生を始めます。昔僕はアメリカに1年ぐらい住んでいた事があったんですが、その時、引越しのアルバイトをしていました。なので、引越しの事は結構知っているんですが…、日本の、しかも大手の引越し業者って、細かい配慮が行き届いているし、みんなとてもテキパキ動くし、感動モノですね。特に僕が手伝う事もなく、引越しは進んで行きます。
そして、引越しは進んでいくわけですが…
また長くなりそうなので、続きはまた次回に。最近、子育てブログなのに、子供が全然登場しませんね(汗)。申し訳ないです。
それでは、また!

遂に引越し

こんばんは!
もう、夜に記事を書く事が定着してしまいましたね。しかも、更新がちょっと遅くなってしまうのも、定着してしまいましたね(汗)。もうちょっと更新出来るように、頑張っていく次第でございます(汗)。
さて、今日は、遂に引越し当日を迎えた話を。引越しは大変だろうと思い、引越し当日の8月25日と、翌日の26日に休みを取って臨みました。しかし、前日になっても、全然片付かない…(汗)。僕の母と妻のお母さんにも来てもらい、おばあちゃま達が子供達の相手をしたり、お風呂入れたりしてくれている間に、何とか進めていったんですが…。皆によぎる不安…果たして間に合うのか…。夜もどんどん遅くなり、子供達は寝てしまったんですが、僕らはもちろん寝れず。途中、妻のお母さんは家に戻らなきゃいけなく、ウチの母も朝が早い人なので、途中でグロッキーで寝てしまい…、僕と妻2人で、ほぼ徹夜で荷造りしました。ひたすらダンボールに物を詰めていく作業…。相変わらず、子供達は起きる事なく、ぐっすりと寝てました(笑)。
そして、引越し当日。一応仮眠的に1、2時間は寝たんですが、とにかく眠い。でも、何とか荷物は片付きました!平日なので、子供達は幼稚園があります。いつものように朝ご飯を食べ、子供達のお着替えをし、幼稚園に送っていきました。子供達には引越しの事は伝えてあったんですが、「今日からおうちが変わるんだよ!」と言うと、「今日からおうち変わるの?」「やだ、おうち変わりたくない。」と下の子。どうやら、自分の家がなくなってしまい、帰るところがなくなってしまうと思っているらしいのです。「大丈夫だよ、今までのおうちは、新しく生まれ変わるんだよ!」と言ってはみるのですが、分かっているのかどうか(笑)。
引越しは午後からだったんですが、午前中に、家を取り壊す為のお清めの儀式があり、神主さんが来ました。かなりノリのいい神主さんだったんですが…また長くなってしまったので、この続きはまた次回にしようと思います。
それではまた!