下の子のイヤイヤ期

おはようございます!
今日は久しぶりに早起きしまして、早朝に記事を書いています。やっぱり、早起きできた日は、頭がスッキリしている気がします。ただ、大体出勤時間ぐらいに、一度猛烈な眠気が襲ってくるんですよね(笑)。そこさえ凌げれば、とても快適な1日になるんですが…(笑)。
さて、子供のイヤイヤ期って、大体2歳頃って言いますよね?「魔の二歳児」とか、良く言われてますが(笑)。ウチの下の子は、今2歳半を過ぎたぐらいですが、まぁまぁのイヤイヤ期です(笑)。ただ、ウチの場合はイヤイヤ期と言うより、ダメダメ期がもしれません。どういうことかと言うと、「これダメ」「あれやっちゃダメ」って言うのが多過ぎるんですよね。例えば…下の子は、ディズニーランドに行った時に妻が購入した、スティッチのぬいぐるみをこよなく愛しちゃっているんですが(笑)。下の子が見てる前で、上の子が触ろうもんなら「それ僕のだからダメッ!」ってなるわけですよ。それで、あまりにも下の子が独占してしまうので、上の子だって触りたくなるじゃないですか。それを、一切許してくれない。しかも、下の子のものと言うより、妻が自分用に購入したものなんですけどね(笑)。その他にも、下の子のオモチャを上の子が触ると「ダメ!」。絵本を触っても「ダメ!」。ご飯の時ハシを触っても「ダメ!」と、ダメダメ尽くし(笑)。上の子の場合はそこまで独占欲がなく、いつも自分の物を貸してくれたりする、心優しい子なんですが…、下の子は、男のくせに、全くもって心が狭い(笑)。そういう状況になると、僕はよく、「男だろ!もっと広い心を持ちなさい。海のような広い心を!」と笑いながら言ってみたりするのですが…意味がわかっていないのか、全く効果なく(笑)。この前、妻がボソッと僕に、「そんな独占欲の強い男、(女の子に)嫌われるぞ」と言っていました(笑)。
まぁ、何はともあれ、下の子のこの「ダメ!」というのは、まだしばらく続きそうです。
それでは、また〜!

ご飯屋さんごっこ

こんばんは!
秋が好きだというお話は以前したんですが、寒くなってくると問題が…。なかなか布団から出られない(笑)。そして、眠いんですよね。僕は、眠さを耐えるのが極端に嫌いでして。かといって、寝過ぎてしまうと、時間を有意義に使えなかった自己嫌悪が…。ほんと、困ったものです、という、どうでもいい話(笑)。
さて、ある日の事…。仕事を終えて家に帰り、ご飯を食べていると、子供達が、オモチャ達を散らかしまくって遊んでいました。そして、プラスチックでできた、野菜とか、料理とか、そういった、おままごとセットのようなもので遊び始めました。そして、ご飯を食べている僕に、「いらっしゃいませ〜!」と言ってきます。これは、きっとご飯屋さんごっこだなと思いました(笑)。これは、こっちも乗ってあげるしかない(笑)。「それじゃあ、キュウリをおねがいしま〜す。」「は〜い!」そして、運ばれてくるキュウリのオモチャ。でも、これではつまらないなぁと、とっさに考えてしまいました。そこで、言ってみたんです。「じゃあ次は、楽しい気分になる料理をお願いします!」子供達は、「え〜!」とか言いながら、思い思いの食べ物を探し始めました。そして、上の子はナスを持ってきました。「そっか、ナスが楽しい気分になる料理って考えたんだね!」「うん!」「じゃあ、食べてみよう…(食べるマネ)…ん〜、パパも、何だか楽しい気分になってきたよ、ありがと〜!」上の子は、とっても嬉しそうです。下の子は、オムライスを持ってきました。「そっか、オムライスが楽しい気分になる料理なんだね!食べてみよう…ん〜、元気が出てきた!ありがと〜!」下の子も、キャッキャとはしゃいでいます。この遊び、とっさに考えた事とは言いながら、子供の想像力が掻き立てられて、いい遊びだなって思いました。「何かを持ってきて!」と言うより、自分で色々考えなきゃいけない所が、また良い!子供達が、「パパ、次は何にしますか?」と言ってきたので、「じゃあ、悲しい気持ちになる料理を」と、続いていきました(笑)。
そうこうしていると、妻が、「いい加減、お風呂入るよ!」と言いだしました。子供達は、まだお風呂に入っていませんでした。でも、部屋はオモチャで散らかし放題に。でも、子供達は、遊びを辞めたがりません。そこで僕は、「じゃあ、次は、お片付けしたくなる料理をお願い!」と言いました。子供達が持ってきたオモチャを食べるマネをし、「おっ、何だかお片付けしたくなってきたぞ。お前達も食べてごらん」と(笑)。それに乗せられて、子供達はお片付けをし始めたではありませんか(笑)。我ながら、考えたものです!
この、ご飯屋さんごっこ、我が家ではしばらく続いてます。とってもオススメですよ!是非やってみて下さい。
それでは、また〜!

子供の手料理

こんばんは!
前にもお話しましたが、最近子供が寝るのが兎に角遅いんです…。1年前ぐらいは、9時には寝てて、僕が帰る時間には家中シンとしていたんですが…。今や、帰ってくるのが解ると、ドタドタドタって音がして、元気な子供達が僕の元に飛び込んできます(笑)。それはそれで滅茶滅茶嬉しいんですが、子供が寝るのが遅い=僕や妻の自由な時間がなくなっていくわけで…。最近は、寝るのが11時を超えるのが当たり前になってきてしまいました。1度ついた習慣って、なかなか変える事が出来ず…。早く起こしても、機嫌が悪かったり、日中眠くて昼寝をいっぱいしてしまうみたいなんです。そして、また夜寝ない(笑)。どうしたもんかなぁ…。
さて、ちょっと前の出来事なんですが…。その日は、晩御飯は春巻きだったんです。奥様には特に理解してもらえると思うんですが、揚げ物って、家でするのはやはり大変だったりする訳で。油も大量に使うし、油捨てるのも大変だし…。なので、我が家ではなかなか出てこないんですが、この日は出てきました。帰ってご飯の準備をしていると、上の子が、「今日ねぇ、春巻き私が作ったんだよ!」との事。妻に聞くと、「お手伝いしてくれたんだよねぇ。凄く上手に作ったよ!」と教えてくれました。早速見てみると…、何と、大人が作ったものと、さして遜色ないではありませんか!びっくりして、上の子に言います。「めっちゃ上手に作ったねぇ!びっくりした!早速食べてみるね!」上の子は嬉しそうに、ダイニングテーブルに張り付いています。あまり待たせてもいけないので(笑)、早速一口。「おいしい!めっちゃおいしい!料理の天才だね!」感動して言うと、上の子特有の、もう、目一杯の喜びを噛み締めたような、表情を浮かべます。母親のお手伝いができるようになったなんて、大きくなったなぁと思いつつ、これから先、妻と一緒に色んな料理を作るんだろうなぁと、何か感慨深い思いに束の間浸りました(笑)。
ちょっとした出来事だったんですが、とっても幸せな気分になりました。上の子、ありがとう。
それでは、また〜!

またまた子供2人と実家へパート3

こんばんは!
だんだんというか、ようやく秋の声が聞こえ始めてきましたね。ちょっと遅すぎるぐらいですが…(笑)。秋はいいですねぇ。空気がジメッとしてないし、秋晴れの日は過ごしやすくて最高!毎年数日間だけでる、くしゃみが止まらない日を除けば、大好きです(笑)。くしゃみは花粉症かなぁ…?
さて、実家での話もパート3となってしまいました(笑)。今日は、公園を移動した所から。移動した先は、森の中の公園?と言ったら良いのでしょうか…。地元には、町が作ったレジャー施設があり、そこではキャンプ場があったり、コテージに泊まれたり、そんな場所があります。そこに、ちょっとした、遊具がある公園があるんですよね。その公園に移動しました。森に囲まれた公園には、1人乗りシーソーと、大きなすべり台、揺れる桟橋の遊具にロープウェイの遊具があります。ほとんど芝生なので、転んでもさほど痛くない!そして、もちろん誰1人いませんでした(笑)。そこで待っていたのは、もちろん「まてまて」遊び(笑)。子供2人は、キャッキャ言いながら逃げ回ります。誰もいないので、気兼ねなく遊びまわる事ができたので良かったですね!ロープウェイ遊びも、順番待ちする事もないですしね。上の子はもう大きいので、乗せてあげれば1人で遊べます。下の子はまだそういう訳にはいかないので、僕と一緒に2人乗り(笑)。下の子も存分に楽しみました!そうやって、ロープウェイをしたり、まてまてしたり、そうこうしているうちに、僕の母が予定を終え、公園まで駆けつけてくれました。あまり帰るのが遅くなってもいけないので、そこで公園タイムは終了。一度実家に戻り、汗をかいた服を着替え、お土産の野菜なんかを受け取り、ご飯を食べに行きます。ご飯屋さんで田舎料理を食べたら、恒例の温泉へ。子供達は、この温泉も楽しみにしています。いつも、「ばぁばとお風呂屋さん行きたい」と言っていますので(笑)。お風呂屋さんでの子供達の様子は、またの機会に(笑)。そして、母とバイバイし、山道を帰路に着きます。
前回同様に、疲れ切った子供達は、2人とも車の中で寝てしまいました。家に着いたら、子供達を起こさないように、順番にベッドに運んで行きます。子供達との3人旅も、2回目ともなるともう慣れっこですね(笑)。楽しい時間を過ごす事が出来ました!
それでは、また!

またまた子供2人と実家へパート2

こんばんは!

やっぱり、続けて早起きはできませんね(笑)。まぁ、無理してやろうとは思っていないので、仕方がないは仕方がないのですが(笑)。ただ、最近夜更かしが祟っているのか、目の下のクマが…。ちゃんと寝ないとだめですね…(汗)。

さて、前回の続きで、実家から公園に冒険に行く話を。あらかじめ言っておきますが、今回の話も長くなりそうです。もしくは、また次回に持ち越しがあるかもしれません。覚悟しておいてください(笑)。さて、おやつタイムを終えた僕達3人は、地元で1番大きい公園へ。もちろん田舎なので、車で移動です(笑)。実は、行きたい公園は二ヶ所あったのですが…。とにかくまず広い所に行こうと。その公園は、ちょっと高台にあるんですが、駐車場を挟んで、片方にめちゃめちゃ広いグラウンド、もう片方に公園とか、山道とか、相撲の土俵なんかもあったりします。この日は土曜日だったんですが、さすが田舎、人が誰1人いません(笑)。ひとまず遊具がある所に行ったのですが…、何と、小さい頃にあった遊具が全然ないんです。老築化が進んでしまったのか…。新しくシーソーとジャングルジムみたいなものがあったんですが、あるのはそれだけ。子供はすぐに飽きてしまいます。というか、僕が飽きてしまいます(笑)。なので次は、急な坂道を登り、見晴らしのいい高台へ。そこからは、小さな町を一望できます。久しぶりに登ったので、懐かしさが溢れ出て来ます。高台に登ったら、やる事はひとつ!「ヤッホー」です(笑)。子供達にとっては、初めての体験だったかな??皆んなで大声で叫びます。思ったよりも跳ね返ってきませんでしたが(笑)。その高台には、でっかいお地蔵さんが建っています。子供の頃遊んでいた時は、大きい像が建ってるという認識ぐらいしかなく、大人になって改めて見て、初めてお地蔵さんだった事に気付く自分(笑)。最後に皆んなで合掌。そして、高台を降りて行きます。
遊具があまり無かったので、子供達はあまり楽しくなかったかなぁと。聞いてみると、やっぱり遊具で遊びたいらしく、来て30分ぐらいで別の公園に移動する事になりました。その公園での出来事は…。また次回に(笑)。
それでは、また!

またまた子供2人と実家へ

おはようございます!

今日も、珍しく早起きしてしまったので、早朝ブログを書いています。それにしても、早起きはいいですね!分かっているんですけど…なかなか早起きが続きません(笑)。

さて、先日なんですが、妻が、大好きなアーティストのコンサートに行く事になったんですね。妻は、この日をとても楽しみにしていまして。僕は、妻にはいつでも遊びに行くなりしていいと常に言っています。子育てって、本当に大変でしょうし、息詰まる事も沢山あるでしょうし。ですが、僕が休みが少ないというのもありますし、休みも殆どが平日なので、一般的に他の人と休みが合わないわけです。なので、なかなか妻も遊びに行けず、ストレスが溜まってしまうから、申し訳ないなぁと…。なので、こんな機会もなかなかないし、子供達の事は任せて、思いっきり遊んで来いと!お昼過ぎには一緒に行く仲間達と合流との事だったので、子供達と何しようかなぁと…。動物園とも思いましたが、ここ1ヶ月以内に行ったしなぁ…。公園っていうのも、せっかくの時間なのに…。とか、色々考えた挙句…、結局、また実家に行く事にしました(笑)。ウチの母も喜ぶし、まぁいいかと。子供達も、喜んで「ばぁばの所に行く!」とノリノリになったので、良かったかなと。それで、妻に見送られながら、一路実家へ向かいました!
案の定、向かう途中で2人は寝てしまったので、久しぶりの1人ドライブ気分に(笑)。ただ、以前もお話ししたように、実家までは1時間ぐらいで到着してしまうので…。あっという間に、実家に着いちゃいました。ウチの母は、夕方近くまで近所の地域行事の準備とかがあるらしく、実家に行っても誰もいない状態…、あ、ネコちゃんはいました(笑)。そして、ネコちゃんは、早速ウチの子供達に追いかけられる始末…(笑)。そして、家に上がって、仏壇に皆んなで手を合わせたら、チョットおやつタイム。おやつタイムをしていると、ウチの母が合間の時間を見て、ちょっとだけ家に戻って来てくれました。ばぁばの姿を見て、大興奮の2人。早速、自家製の酵素ジュースをもらい、ご満悦な様子(笑)。すぐに戻らなきゃ行けないとの事で、母はすぐにいなくなってしまいました。3時近くになり、暑さも少し和らいで来たので、お出かけする事にしました。行き先は…公園!ここまで来て公園かって、ツッコミが来そうな感じですが…(笑)。ただ、僕にとっては子供の頃遊んだ懐かしい公園な訳で。自分の子供達も連れて行きたい訳で。という事で、公園への冒険が始まるのですが…。また長くなってしまったので、続きはまた次回に!
それではまた!

お風呂遊びパート2

こんばんは!
以前話ししていた、1日僅かの筋力トレーニングですが…。すっかりサボっていてしまい、身体もすっかり衰えてしまいました(汗)。ピタッとした服を着ると、下腹部の膨らみがちょっと…。妻にも指摘されてしまう始末に…。中年太りにはなりたくないので、また頑張ろうと思っています…。頑張れるかな…。
さて、前回の続きで、日々のお風呂での子供達との戯れについて、今日は書いていこうと思います。お風呂タイムの仕方も、妻が先に入るバージョン(1番多いバージョン)、妻は後で1人で入り、子供達と先行して3人で入るバージョン(たまにあります)の2つがあります。今日は、後者の方をお話ししようかと思います(笑)。まず、服を脱いで洗い場へ。3人で入っても、洗い場も充分に広いので、本当に助かります。本当に今考えると、前の家のお風呂は狭かったなぁ…(笑)。それで、下の子から順番に体を洗っていくのですが…。その間、上の子はちょっと待機しています。そして、下の子を洗い終えると、次は上の子を。その間、下の子は待つのに飽きてお風呂にあるオモチャで遊び始めます。そして、2人洗い終えて、自分も洗うのですが…この時に子供を湯船に浸からせてしまうと、僕が洗い終わる頃に、「もう出る!」となってしまう訳です。なので、湯船に入れず、待機させています。その間、合間をみてやるのが、「おしりシャワー」。2人に交互に、おしりにシャワーを浴びせます!くすぐったいのか、子供達は大はしゃぎ!そうこうしているうちに、子供達もそれぞれ水鉄砲の武器を取ります。僕が頭を洗っていたりしているところを、間髪入れず邪魔をしてきます(笑)。それを例のおしりシャワーで反撃!もちろんシャワーの方が強いので、僕の圧勝!子供達も大はしゃぎです(笑)。頭を洗い終えると、最近は子供達に背中を洗ってもらうようにしました。弱い力で楽しそうに背中を洗ってくれるのを見て、「あぁ、これ父親として至福の時間の光景のヤツだぁ」なんて思ったり(笑)。そして、洗い終えたら、皆んなで湯船に入ります。しかし、下の子は、すぐに「もう、出る」と言い出します。そうしたら、身体を拭いて妻に託し、後は上の子とのお風呂タイムへ。上の子とは、最近はお話ししてる事が多いです。それから、出るとなった時に楽しいのが「お湯抜きタイム」。お湯が段々なくなっていく過程が、とっても楽しいらしいのです。「あ〜、もうすぐなくなる〜!」「今のうちに、しっかりお湯に浸かって!」とか言いながら、2人でキャッキャしてます(笑)。そうしてお湯がなくなると、お風呂掃除タイムへ。浴槽は僕が担当。マットやフロアは上の子が担当。いつも、とっても綺麗にしてくれます!
そんなこんなで、毎日楽しいお風呂タイムを過ごしています!因みに、お湯抜きタイムは下の子はまだ怖がります。3歳ぐらいまでの子は怖いと思うかもなので、実践するならご注意を!
それではまた!

お風呂遊び

こんばんは!
最近、食器の洗い物とかをしていて、「あぁ、食洗機欲しいなぁ…」と切に願っていたりします(笑)。現在打ち合わせ中の新しい家では、食洗機が完備される予定なので、新居が完成するまでの辛抱なんですが…。それにしても、時代の進化って凄いですね。つい何十年か前には、食洗機どころか、洗濯機とか、掃除機とか、そういったものは何も無かった訳で。その時代の家事の苦労とかを想像すると…現代に産まれて良かったぁなんて考えちゃいます(笑)。
さて、我が家では、仮住まいも快適空間になり、毎日楽しく過ごしています。子供達もすぐに慣れ、家中駆け回っています。最初の頃は、下の子は引越しの意味が分かっていなかったのか、「この新しいおもちゃ、前住んでた僕の家と一緒のやつ!」とか言ってましたけど(笑)。まぁ、ともあれ、何も問題なく過ごしています。その中でも、特に快適になったのが、お風呂!実は前の家は、お風呂が異常に狭かったんです。その大きさといったら、一人暮らし用のワンルームマンションに付いているお風呂ぐらいだったでしょうか。それが、今の仮住まいのお風呂は、まぁ広い!一般の一軒家の家庭に付いているお風呂より、全然広いんです。今までは、大人と子供2人の3人でお風呂に入った場合、大人は腰まで入り、子供も肩まで浸かれない感じでした。それが、今は3人とも悠々肩まで浸かれてしまう感じです。色合いもシックな感じで、お風呂の中だけはまるで高級ホテルのよう(笑)。バスタブも大きいので、水道代も心配ですが…(笑)。まぁともあれ、お風呂が広いっていうのは、とても良いですね。実際これから建つ新しい家は、この仮住まいのお風呂よりも狭くなるので…。むしろ新しい家になった時に不便に感じないか心配です。
さて、そのお風呂が広くなった事で、子供達とのお風呂タイムも、とっても楽しいものになっているんですよね。しかも、最近引越しやら何やらがあっあせいで、子供達の寝る時間がかなり遅くなっているんです…(汗)。なので、最近は、帰宅した時間が子供達のお風呂タイムと重なる事が多く、なら一気にお風呂を終わらせてしまおうと、ご飯を食べる前に子供達とお風呂に入る事が多々あります。そんなお風呂タイムをどう楽しんでいるのかというと…。また長くなってしまったので、次回にしようと思います(笑)。最近引っ張りすぎですかね??
それでは、また!

旧家の取り壊しパート2

おはようございます!
今日は、珍しく早起きしてしまったので(笑)、朝からブログ記事を更新しております。ただ、なかなか目が覚めなくて…(汗)。なので、文章が所々変になっているかもしれませんが、ご容赦頂ければと思います。
さて、話は前回の続きを。旧家との思い出に浸りつつも、そろそろバイバイしようかという時に、いきなり、上の子が大泣きし始めたんです。「どうした、どうした??」と慌てて聞くと、「このお家壊しちゃヤダァ!」との事。「どうして?」と聞くと、「ヤダ!だってね、寂しいんだもん!」と。つられてなのかどうなのか、下の子も泣き始めます。「僕のお家、壊したらヤダァ!」。もう、激しい大合唱が始まってしまいました。その姿を見て、こっちも泣けてきそうになりました。僕らは5年ほどこの家に住んでいました。僕にとっては、36年生きてきた中のせいぜい5年位なんですが、よく考えたら、子供達はここで生まれ育ち、ここ以外の家での生活も知らない訳で…。僕や妻の想像以上に、この家が無くなるというのが辛い事なのかなぁと思いました。妻が、「この家は、形を変えて、生まれ変わるんだよ!」「だから、そんなに悲しんだら、この家だって悲しくなるよ。だから、泣くのお終い!」なんて言いながら、何とか子供達をなだめていきました。生まれ変わるという言葉に妙に納得したらしく、子供達は、しばらく経ってから、泣くのをやめました。そして最後には、今まで住んだ家に、ちゃんとバイバイも出来ました。
それから数日経ち、本格的に取り壊しが始まりました。幼稚園の送り迎えの時に旧家の前を通ったりするので、妻曰く、その都度様子を見る事ができたそうです。そして、1週間から10日もたたないうちに、旧家は跡形もなく無くなっていました。最初は、旧家の前を通るのが「寂しくなるから」との理由で通りたがらなかった子供達も、段々と気にしなくなり、ある時更地になった土地を見て、「家無くなっちゃったねぇ。」「でも、また生まれ変わるんでしょ!」と言ってました(笑)。
という訳で、ちょっぴり切ない出来事でした(笑)。でも、新しい家ももちろん楽しみですし、仮住まいの家でも、毎日楽しく過ごしています。最後に…、旧家、楽しい思い出をありがとう!
それでは、また!

旧家の取り壊し

こんばんは!
ちょっと間が空いてしまいました(汗)。それにしても、なかなか秋って感じがしませんね。名古屋は平気で日中30度越えみたいな日もありますし。やはり、地球の温暖化とか、影響があるんでしょうかねぇ…。僕の実家は岐阜の山奥というのは以前お話ししたんですが、以前は早ければ9月後半にはコタツとか出してた気がします。実家に比べたら名古屋は格段に暖かいんですが、それにしても、異常な気がします。
さて、話は遡り、引越しをした次の日の話なんですが。実は、引越しした次の日から、旧家の取り壊しが始まる予定でした。と言っても、数日は業者の調査だったりが入り、実際に壊され始めるのは数日後だったのですが…。その日も、まだ旧家に処理しきれていないゴミがあったり、買取業者に買い取ってもらう物が残っていて、業者に引き渡す用事があったり…。もちろん荷解きも進めていかなきゃいけないので、嫁と2人、分担しながら進めていきます。子供達は、平日なので幼稚園。でも、時間はあっという間に過ぎていき、子供達を迎えに行く時間に。その後、まだ旧家での用事が残っていたので、皆んなでガランとした旧家に行きました。何も無くなってしまった旧家に入り、思い出すのは、この家での様々な出来事…。妻と結婚してから2人でこの広い家に住み始め、やがて上の子を妊娠。妻のツワリが酷かったなぁ(笑)。そして上の子が産まれ、子育てにアタフタ。でも、成長していく我が子がとても愛おしくて。それから丸2年、下の子が産まれ、上の子は自然とお姉ちゃんになっていき。下の子がある程度大きくなったら、子供達とこのリビングでいっぱい踊ったりして遊んだなぁ、とか。異常に狭いお風呂で、最初はまだ赤ちゃんだった子供達の顔に水がかからないように慎重にお風呂に入れたり、大きくなってからは水のかけあいをして遊んだりした事とか。色々な思い出が蘇ってきます。住んだのは僅か5年ぐらいだったんですが、いっぱい笑ったり、喧嘩したり、辛い思いをしたり…、でもやっぱり、楽しくて幸せだったなぁと。
そんな感慨に浸っているうちに、用事もおわり、そろそろ新居に戻ろうかという事になったんですが…。そこから事件が発生します!その事件とは…、また長くなってしまったので、また次回にしようと思います(笑)。
それでは、また!