兄弟っていいな

おはようございます!

7月も半ばに迫り、一気に暑い日々が続きますね。僕と妻は、エアコンを付けたまま寝るのが苦手でして…。特に僕は、田舎の涼しい所で育ったので、エアコンで部屋をキンキンに冷やし…みたいなのは、絶対に無理でして…。なので、基本暑くても、我が家はせいぜい扇風機なんです。さすがに昨夜は暑かったらしく、朝起きたら、みんな汗びっしょりでした(笑)。僕は、暑くなると夢遊病の癖があるらしく(笑)、気がついたら、ベッドルームではなく、リビングで寝ていました。

さて、タイトルについて。

ウチの子供達は、4歳と2歳でして、上の子が女の子、下の子が男の子です。性別が違うせいもあり、好きな事とかハマる事が、若干違ったりもするんですが…。そして、良くオモチャとか本とかの取り合いでケンカしてますが…(笑)。でも、基本、めちゃめちゃ仲良しです。

前にもお話ししましたが、朝、僕と妻が出かける支度をしている時も、2人でベッドで飛び跳ねたりしています。下の子が、上の子の手を引き、「こっちへおいで!」とか言いながら、一緒に遊ぼうとしたり(笑)。これが、例えば上の子だけ幼稚園の日で、下の子しかいない時は、妻にべったり張り付く、みたいな事になるんですが…。

子供達だけで遊んでくれていると、親としては楽ですね〜(笑)

実は、僕も兄弟がいまして、自分の子供達と同じで、2歳差の妹がいます。妻は年子の3人兄弟の真ん中です。(妻のお母さん、頑張ったなぁ…。)なので、つくづく思うんですが、兄弟って、いいもんですよ。ウチの子達を見ても思うんですが、例え幼稚園にすっごく仲の良い友達がいたとしても、お休みの日や、夜寝る時まで常に一緒にいる兄弟が、どう考えてもお互いの「ベストフレンド」ですよ(笑)。

そして、あくまで順当に行けばなんでが、親は自分より、20〜30年ぐらいは早く死んでしまうわけですし、自分の子供達よりも自分の方が、20〜30年ぐらい、早く死ぬわけです。自分の旦那さんや奥さんだって、一緒にいられるのは、せいぜい40〜50年ってところでしょうか。という事はですよ。自分の人生において、最も長く同じ時を過ごすファミリーは、親でも子供でもなく、自分の兄弟なんですよ。そう考えてみると、兄弟って、かけがえのない、とてつもなく大切な存在なんだと、思いませんか??僕自身、妹の事は大好きですし、今はお互いの家庭を持ち、離れた所に住んではいるんですが、もちろん言うまでもなく、未だに大切な存在です。

もちろん、一人っ子の方もたくさんいるでしょうし、様々な事情により、子供を1人しか持てない家庭もあるでしょう。1人より2人、2人より3人子供を持つ方が、経済的にも、肉体的にも、大変さが段違いなのは、身を持ってわかっているつもりです。欲しいものだって買えなくなりますし、遊びに行く事も、なかなか自由にはできなくなりますよ。それでも、日本の経済不安によるものか、これだけ出生率が下がっている日本の現状は、日本の将来の為だけではなく、こういった子育てという観点からも、もっと、どうにかならないものかと思います。昔の日本なんて、もっと貧しかったわけじゃないですか。でも、もっと兄弟多かったですよね。出生率が下がっているのは、経済的な不安というよりも、国民一人一人の、何を大事にするのかというのが、時代と共に変わってきているんでしょうねぇ…。最近の女性、みんなキレイですしね。美意識が高い事は、僕も素晴らしいと思うんですが…でも、欲しい物も我慢し、美にかける余裕もなく、一所懸命我が子を育てる、そんなお母さんも、美意識が高い人と同等に、美しい姿だと思うんですけどね。

と、話が脱線してしまいましたが…(汗)。話を戻しますと、兄弟って、本当にいいなと
思うわけですよ。幸いにも、僕ら夫婦の元に2つの命が舞い降りてきてくれて、その2人が、ずっと仲良しで、お互いの事を支え合い、生涯楽しく生きていってくれたらと思っています。

きっと今日も、子供達が2人ではしゃいでいる
姿を見て、僕は思うことでしょう。「兄弟っていいな」と(笑)。

それでは、また!

子供に毎日聞く事

おはようございます!

世のお父さんお母さんは、特に男の子を持つ方は、子供の影響で、「戦隊モノ」や、「仮面ライダー」を見て、はまっちゃってる人も多いんじゃないでしょうか?僕も、ついつい一緒になって見てしまい、そして、はまっていくパターンに陥ってしまいます(笑)。特に、戦隊モノ(笑)。最近の仮面ライダーは、複雑すぎるので…。でも、最近の「ジュウオウジャー」には、どうもハマる事ができずにいます…。やっぱり、戦隊モノは「トッキュウジャー」が良かったなぁ…「ニンニンジャー」も、まぁまぁでしたけど。やっぱり、何歳になっても、子供の頃憧れた、ヒーローやヒロインの話は、はまってしまいますね(笑)。

さて、僕が帰宅し、子供達が起きていたらなんですけど、必ず聞く事があります。それは「今日は楽しかった?」という事です。まだまだ子供達は小さいので、もちろん100パーセント「楽しかったぁ」となるわけですが(笑)。そこですかさず、「じゃあ、どんな事が楽しかった?」と聞くようにしています。すると、子供達は、「ん〜とね、今日公園でね、〇〇が〇〇でね…」と話し始めるわけです。たまに、何言ってるか訳わからない事もありますけどね(笑)。この一連の会話、よっぽど寝てるとかない限り、必ず欠かさず行っています。僕が休みで、一日中一緒にいたとしても、その日の夜寝る前に、必ず「今日は楽しかった?」「どんな事が楽しかった?」と聞く訳です。

僕はこれ、めちゃめちゃ大事だと思っています。前にもお話ししましたが、僕が大事にしている事として、「どんな状況でも、楽しく」という考え方があります。1日の生活の中では、子供ながらに、悔しかったり、悲しかったり、痛かったり、大泣きしたりする事、いっぱいあると思います。でもね、子供達に「楽しかった?」と聞くと、必ず「楽しかった」と返ってくるのです。てことはですよ。幼い子供達は、僕が大事にしている「どんな状況でも楽しく」というのを、何も考えず、無意識のうちに実行しているわけです。すごいですよ、子供って!大人になった僕達は、子供のそんな姿を、素直に見習わなければならないと思うわけですよ。

そして、子供達には、そんな、「どんな状況でも楽しく」を、いつまでも忘れないでいて欲しい。そういう思いから、毎日聞くようにしています。どんなに辛い事があっても、悲しい事があっても、何か、楽しかった事は、1日の中に絶対にあるはずです。そして、その事をちゃんと発見できたのなら、その1日は、きっと幸せな1日なのではないでしょうか?なので、1日の終わりに、子供達に再確認して欲しいわけですよ。「今日は、楽しい事はなかったのか?」そして、楽しい事が見つかったら、「今日も、楽しい1日だったんだ!」と。そして、それを繰り返して、我が家は「毎日が楽しい!」って思える家庭にできたらと思います。

この一連の会話、大人にも必要な事なのかもしれませんね。むしろ、大人の方が必要かも…。皆さんも、是非子供達と共に、1日の終わりにやってみて下さい。そして、その会話に注意深く耳を傾けたら、きっと新しい発見があると思いますよ!

それでは、今日はこの辺で!
今日も1日、楽しく過ごしましょうね〜!

夫婦仲

こんばんは。
今回は珍しく、夜に記事を書いています。明日の朝は、早くから準備し、家族で出かけなければならないので…かといって、最近だんだんと、早寝早起きの習慣が身についているので…すでに、少し眠くなってきてます(笑)。途中、グダグダな文章になってたら、こんな状態だと、許して下さいね(笑)。

さて、タイトルにもあった夫婦仲。前にも少し触れた事なんですが、ふと思い立って、この記事を書こうと思ったんです。

ウチの夫婦仲は、とても良いと思います。ケンカなんか、良くします。僕の友人なんかは、僕の温厚な性格を知っているので、妻とのケンカ話とかをすると、「お前がそこまで怒る事があるのか!!」と驚いたりしてます。それぐらい、キレたりします。もちろん、暴力の類いは、一切ありませんけどね。妻は、気が強いですし、すぐイライラしますし、逆に僕は、全くイライラしないので、イライラする人の気持ちが、良くわからないのです(笑)。なので、そんな妻にイライラしたり(笑)。

でも、妻の良いところも、いっぱいあるんですよ。言いたい事は、ズバッと言えますし、家族を何よりも大切にしてくれますし。礼節とか、そういった事は、誰よりもキチッとしてますし。そして、何よりも、僕の事を想ってくれています。最近テレビで活躍されている、アンミカさんみたいに(笑)。

あ、決して今回はウチのノロケ話ではなく、何より言いたいのが、「夫婦仲が良いって事は、家庭においてとっても大事な事なんだ」という事。価値観なんて、他人なんだから全く違います。子育てにおいて、意見が食い違う事も多々あります。その度、ちゃんと話し合うようにしています。そして、お互いの事を認め合う。子供って、すごく敏感で、両親の姿とか、しっかりと見てるんですよね。だから、お互いがギクシャクしていると、それがすぐ、子供達に伝わる。

今の世の中、離婚という選択肢が、昔よりかは当たり前になっているような気がしますが、子供達の事を考えると、簡単にそういった選択肢は取れません。では、どうしたらいいか?やはり、相手の事をしっかり見つめ、考え、妥協できるところは妥協し、譲れないところは、しっかり話し合い、そうやって、夫婦の絆みたいなものを築き上げていくしかないんですよね。「もう、私が探してた、理想の王子様100パーセント!」みたいな感じが夫婦お互いに、なんてこと、テレビでたまに見る事があっても、実際はなかなかレアなケースなんだと思いますしね。子育てだって、経験がない中手探りなんだから、夫婦というものも、手探りで当たり前。それを、いかに逃げ出さずに、ちゃんと向き合っていくか。そういった夫婦仲というのが、子育てという観点の中であっても、とても重要だと思います。

そして、ウチの暗黙の了解のルールなんですが、「相手の悪口を、子供の前で決して言わない。」これも、めちゃめちゃ大事な事だと思います。子供は、ちっちゃいながらに、ちゃんと親の事を見てるんですよ〜(笑)。

では、今日もこの辺で。
おやすみなさ〜い!

恐竜ブーム

こんにちは!
だんだんと、夏が近づいてきてますね。最近運動不足な為か、身体の肉付きが良い気がしてきてます(笑)。毎度の事ではあるんですが、今から夏に向けて、パーフェクトな身体を手に入れたいと思っても、間に合いません(笑)。なので、少しずつでもいいので、筋トレとか、
ストレッチとか、運動する習慣を日々の生活の中に取り入れていこうかと。継続は力なり。ただ、何事も続けばですけどね(笑)。

何かの記事で読んだのですが、やはり一端の男である以上、生涯ダイエットは当たり前だと。そんな、ストイックな男になりたいです。子供達が小学生とかになって、身体がついて行かず、一緒に遊べない…なんてことに、なりたくないですからね(笑)。

さて、我が家は最近、「恐竜ブーム」です(笑)。恐竜ブームのきっかけは、我が家に突然やってきました。

名古屋には、名古屋市科学館という施設があります。そこでは、子供が科学に触れ合う体験ができたり…日本でも有数のプラネタリウムがあったり…。家族連れのレジャースポット、
はたまた、カップルのデートコースとして、名古屋でも有名な施設なんです。そこで、先月の6月中旬(だったかな…)ぐらいまで、特別展示室とか何とかという所で、「恐竜フェア(名前は勝手に命名)」みたいな事をしていたわけです。何と、ティラノサウルスのウンチも見れる(笑)。その頃は、ドラえもんの映画も恐竜のものが上映されていたり、マクドナルドのハッピーセットも恐竜のおもちゃだったり、世の中的に、恐竜ブームだったのかもしれません。

そこで、行ってみたんですよ、名古屋市科学館へ!僕は実は、結構な歴史好きで、そういった展示がある所(例えばお城とか)みたいな所は、食い入るようにみるんですが…。恐竜は歴史が古すぎて、あまりピンと来ない(笑)。ただ、子供達は、もちろんそんなわけもなく…巨大な恐竜の骨格模型などに興味深々。一気に恐竜ワールドに引きずり込まれていくわけです。そして、定番の事ながら、恐竜おもちゃを買い(笑)。大満足して、帰宅。

その後は、やれ「ティラノサウルス!」だの、「プテラノドン!」だの、「ステゴサウルス!」だの…。「アロサウルス」って、聞いたことない恐竜の名前も我が家で飛び交うようになり…。そんなに恐竜が好きなら、と思い、後日とある本屋で、「恐竜図鑑(恐竜の世界のDVD付き)」を購入するわけです。そのDVDが、また格別に面白くて!言うなれば、海外の「ディスカバリーチャンネル」風な、恐竜の映像でして。流石に私達大人も、恐竜ワールドに引き込まれていったわけで(笑)。

そんな我が家は、それから恐竜三昧。家のテレビは、基本そのDVD。移動の車の中は、ディズニー映画の「ダイナソー」。家のおもちゃも、恐竜が増えるわ、例の恐竜図鑑は、取り合いでケンカになるわ。そして、子供は飲み込みが早く、上の子なんかは、DVDの内容をすぐに覚えてしまい、「パパ、〇〇ザウルスは、おっきい恐竜だけど、とっても優しい恐竜なんだよ!」とか、教えてくれます(笑)。とにかく、恐竜に触れない日はないです(笑)。この恐竜ブームは、しばらく続きそうです。富山の方に、恐竜博物館とやらがあるらしいので、1度子供達を連れていってあげたいなぁ…

ちなみに、妻のお気に入りの恐竜は、「ステゴサウルス」だそうです(笑)。

それでは、また〜!

毎日が全力疾走

おはようございます!

だんだん暑くなってきましたね〜。そして、ジメジメと…嫌な季節ですね(笑)。僕の育った所は、めちゃめちゃ田舎でして…山々に囲まれ、とっても涼しい所だったんです。それに比べて、名古屋は暑い…。いつまで経っても、この暑さには慣れる事ができません(笑)。あ〜、カリフォルニアのような所に住みたいなぁ(笑)。

さて、我が家では、毎日が子育て奮闘中、タイトル通り、毎日が全力疾走のような感じです。僕なんかよりも、妻の方がめちゃめちゃ大変だとは思いますが。まず、朝起きてから、子供が起き出す前に、なるべく家事を片付ける。妻はまず洗濯物を干し、僕は風呂掃除と、ご飯の食器準備。子供を起こしたら、上の子のトイレに連れて行き、下の子のお着替えタイム。その後、僕がご飯を食べさせている傍ら、妻がみんなのお弁当作り。子供のご飯が終わったら、僕らも軽く(ほぼ立食いで)朝食を済ませ、その後、自身の身支度。その間、子供達はベッドで飛び跳ねたりして遊んでます(笑)。そして、準備ができて、行ってきます。

と、ここまでは前の記事で書いたような事なんですが…。そこから僕は仕事に行けばいいのですが、妻は、幼稚園に送ってからもまたバタバタ。朝食の洗い物など、家事をこなしていると、あっという間にお迎えの時間になってしまうようで…。そして、お迎えに行った後、何も予定がなければ、幼稚園の友達たちと公園で遊ぶのに付き合うそうです。その時間、何と3時間強!考えてもみて下さい。毎日じゃないにしても、3時間公園ですよ。子供を見守るのでも、しんどい…。しかも、下の子はまだ2歳なので、1人で遊具で遊べなかったりするわけで…。そうすると、ブランコに乗りたい、三輪車に乗りたい、そう思う度に、「ママ〜!」と呼ばれる訳です…。

そして、どうもウチの子達は、かなり活発なご様子でして…夕方になり、帰る時間になっても、「帰んない!」となるわけです。そんな子供達を引きずるように家に帰り、その後子供達の幼稚園のバッグやらなんやらを片付けつつ、晩ご飯を作る。その間も、「ママ、遊んで〜!」となるわけです(笑)。そして、ダッシュでご飯を作り、食べさせ、ダッシュで洗い物をし、それから子供達のお風呂…。一般的な家庭でしたら、晩ご飯ぐらいから父親が帰ってきて、一緒にご飯。パパが一緒にお風呂に入る、とかもできるんでしょうけど…。我が家は残念ながら、僕の帰りが遅く、そんな過程を妻が1人でやっているんです…

大体子供達が寝るか寝ないかぐらいの頃に、僕が帰ってくるんですが、その頃には、妻はもうグッタリです。しかも、最近子供達が寝ない(笑)。なので、僕が帰ってまだ起きていると「パパ〜!」となり、眠気も吹っ飛んで覚醒してしまうわけです(笑)。

きっと共感して頂ける人も多いと思うんですが、まさに「毎日が全力疾走」なわけです(笑)。なので、帰ってからの家事は、なるべくやってあげようと思っています。

妻へ…「毎日お疲れ様です。ありがとう(笑)」

それでは、今日はこの辺で!

パパとの追っかけっこ

こんにちは!
今日は七夕ですね!今日は珍しく、お昼に記事を書いています。それにしても、今日は暑いですね〜。何か、もう梅雨は終わってしまったのかって感じですね。ウチの上の子は、僕に似てしまい、大変な汗かきでして…いつも1人、風呂でも入ったの?というぐらい、頭がびっしょりになっています(笑)。女の子なのに、かわいそう…。こればっかりは、どうしようもないですが…。変なところで、遺伝ってしてしまうものなんですね(笑)。
さて、我が家は今朝もバタバタだったんですが…いつもよりも、僕の出かける支度が早く終わりました。そんな日は、朝食の後片付けと洗い物を済ませてしまうのですが…。それでもまだ少し出かけるまでに時間があったので…妻が身支度をしている間、子供達と先に外に出る事にしました。

時間がある時に、たまにするんですが…家の裏の道路で、追っかけっこするんです。通称「まてまて」(笑)。ウチの裏の道路は、ちょっとしたプライベート道路みたいになってまして、車が来ることは、まずありません。なので、あまり危険なく遊ぶ事ができるのです!それで、よくやるのが「まてまて」(笑)。子供達は、この「まてまて」を、めちゃめちゃ楽しみにしてまして、下の子なんて、妻から滅多に離れたがらないのに、「まてまてするよ!」というと、さっさと外に出ようとします(笑)。

それで、今日も「まてまて」を実行!と言っても、本当にただの追っかけっこなんですが(笑)。子供達は、キャッキャ言いながら、必死にパパから逃げ回ります。僕はそんな子供達を、タッチして捕まえたり、捕まえたら逆さ吊りの刑にしたり、グルグル回される刑をしたりします(笑)。逆に、今度はパパが追われる番になったりして、子供達から逃げ回ったりしてます。遊具も何もない、ただの追っかけっこなんですが、子供達にとっては、何よりも楽しい遊びのようです。たまに、休みの日に、「今日は何したい?」と聞くと、「お外でパパとまてまてしたい!」なんて言ったりします。もっと別の事しようよ(笑)。今日は、そんなに時間が取れなくて、正味5分ぐらいの時間だったのですが…子供達の笑顔をたくさん見る事ができて、とても幸せな時間でした。

そして、妻が外に出てきます。車に乗ろうとすると、下の子は寄ってきません。そして、決まって泣き出します。「まだ、パパとまてまてしたかった〜」と(笑)。それがまた、可愛くて(笑)。本当は、毎日でもやってあげたいのですが、いつも準備がギリギリになってしまい…本当に申し訳ない、子供達…(汗)。子供達が求めてくれるまで、できる限りやってあげたいなぁと思います。

ちなみに、上の子は、案の定汗だくで、まるでお風呂に入ったかのように、頭がびっしょりになってましたよ(笑)。

それでは、今日はこの辺で!

家族でおでかけ

おはようございます!

今日も、朝から記事を書いています。早起きの習慣も、だいぶ慣れてきました(笑)。

以前もお話したような気がしますが、元々は朝がとても苦手で、かつて若いころは、朝起きるのが苦手だという理由で、夜の仕事をしたりしていた時期もありました。人間、変われば変わるものですね(笑)

さて、先週の話なんですが…休日を利用しまして、家族でお出かけしてきました。場所は、愛知県にある、リニア鉄道館!実は、上の子だけ、幼稚園の遠足で行った事があるのですが(笑)。けっこう雨が降ってまして、土砂降りの中、強行で行ってまいりました。

中に入った瞬間、実際のSL、新幹線などがお出迎え!さすがに迫力があり、圧巻でした。子供達は、見るなり大はしゃぎ(笑)。下の子なんかは、早速「電車乗る~!」とか言ってました(笑)。お出迎えしてくれたSLや新幹線の部屋を通り過ぎ、奥の展示室に行くと…これが、最初の展示室をはるかに超えるスケール!新幹線に特急電車にSLに昔の電車に…総勢でどれぐらいあったんでしょう?車両として、30車両ぐらいはあったでしょうか?とにかく、特に電車マニアでもない僕でも、もう興奮を隠しきれませんでした(笑)子供たちは新幹線に乗ったことがないので、車両に入って大はしゃぎ。新幹線も、最新の物もあれば、
僕らが子供のころの物もあり、昔の車両は、子供の頃を思い出し、とても感慨深い思いでした。

そして、昔の普通電車も、「あぁ、子供のころのJRって、こんなだったなぁ。」って、見ていて嬉しくなりました。向かい合わせで座る4人席だったり、その4人席の間隔が狭く、膝があたりそうな感じとか。同世代なら、分かってくれるはずです(笑)。

それ以外にも、昔の特急電車のフェイスだったり、さらに大昔の、自分でも見たことのない、おそらく昭和初期頃の車両だったり。歴史が感じられて、大変楽しかったです。きっと、子供達よりはしゃいでたかも(笑)。

一通り車両を見た後、最新のリニアの体験コーナーというのがあって、家族みんなで体験することにしました。5分間ぐらいの体験なのですが、モニターで映像を見ながら、座席の振動なんかで体験する感じです。まぁ、最近のユニバーサルスタジオなんかでやってる、リアルな3D体験より、よっぽど迫力さには欠けますが、子供達は、大変気に入った様子でした。特に下の子は大はしゃぎで、結局並びなおして2回体験し、2回目なんかは、終わった後立ち上がり、後ろに座っていた知らないおじさん2人に「楽しかったね!」なんて話しかけてたりしました。突然知らない人に話しかける事なんて、今まで一度もなかったので、僕と妻は大変驚き、また、そんな下の子の姿が、とても可愛かったです(笑)。上の子は、遠足での記憶をたどりながら、「パパ、ママ、こっちにこんなのがあるんだよ!」と、終始得意げに案内しようとしてくれていました(笑)。

敷地的に、そんなに広大なところではなく、おそらく3時間もいれば、お腹いっぱい楽しめるような場所で、出かけるのが遅かったこともあり、僕らの滞在時間もせいぜい2~3時間って所でしたが、親も子供も、大変満足できました(笑)。また時間を見つけて、行きたいなって思います。でも、半年後くらいでいいかな(笑)。

とてもおススメな場所ですよ!友達同士でも、カップルでも、僕らのようにお子様がいる家庭でも、どなたでも楽しめると思うので、ぜひ一度行ってみて下さい。

家族で出かけるのって、やっぱり楽しいですね!
それでは、また!

父親がいないという事

おはようございます!

今日も、朝早くから記事を書いています。しかし、早起きっていいですね〜!自分は元々、完全な夜更かし人間だったんですけど…夜って、何か集中してやるには不向きな気がするんですよね〜。特に家庭がある場合。子供達は早く寝るにしても、妻がいたりする訳で。妻がいたら、何か話をしたり、妻がテレビを見ていたら、つられて見てみたり。そんなこんなで、時間なんてあっという間に過ぎていってしまうんですよね(笑)。その点、朝はいいですよ〜!何の邪魔も入りませんからね(笑)。テレビも、朝早くは何もやってませんしね!
バラエティとかも(笑)。なので、何か進めたい事や、集中してやりたい事がある時、
1人の時間が欲しい時なんかは、朝がオススメですよ〜!

さてさて…突然ですが、僕には、父親がいません。2歳の時に、両親が離婚しまして、産まれたばかりの妹と共に、母親と、今は亡き祖父母に育ててもらいました。母親や祖父母には、めちゃめちゃ感謝していますし、僕の人生には、父親は必要なかったとさえ思っています。母が、父親の分も愛情を注いでくれましたからね(笑)。

ただ、そういった経緯がありまして、僕自身、「父親」というものに、じかに触れていないんですよね。なので、本当の意味で、父親というものがどういうものか、分かっていないのかもしれません。なので、もちろん皆そうだと思うんですが、父親になった今、父親という役割を「手探り」でやっているっていう意識が強いんです。

「とにかく、友達みたいに仲良くやっていったらいいのか?」「どしんと構えて、もっと威厳ある父親として接していったらいいのか?」「家事をやったりする姿を見せるのは、果たして子供達にとって良い事なのか、悪い事なのか?」「優しいパパでいいのか?」などなど…(笑)毎日悩みながら、子育てしています。でも、しょうがないですよね。父親というものに触れた事がない分、自分なりに父親を精一杯やっていくしかないかなと。

1つだけ思うのは、子供達にとって、父親という存在は自分だけであり、唯一絶対のものであり、「パパ、パパ」と自分の元にくる子供達を見て、この子達の世界には、絶対的に父親が必要だと。そう思うんです。もちろん、母子家庭で育てている家庭もあり、僕もそうだったんですから、あくまで、僕が思うウチの家庭ではの話ですよ(笑)。

子供達の無垢な笑顔をずっと守っていけるように、強い父親でありたいと、心底思っています。また真面目な話になっちゃいましたね(笑)

ではまた〜!

子供から毎日もらう、嬉しい一言

おはようございます!

天気が悪い日々が続くと、気持ちも沈みがちになりますね〜。まぁしかし、雨の日でも楽しく過ごしていきましょう!

さて、今日とうか、昨日も、我が家は朝からバタバタ!子供達も、泣いたり笑ったり、起きて早々、色んな表情を見せてくれます(笑)そんな日々の中で、毎日必ず子供達に言われる事があります。それは…「パパ、今日はお仕事お休み??」という一言。

「今日はお仕事だよ〜。」というと、「え〜、なんで〜!」みたいな感じになるし、「今日はパパお仕事お休みだよ!」というと、満面の笑みを浮かべて、「やったぁ!」となります(笑)。何気ない毎日の会話なんですが、これがまた嬉しくて。

特にそう感じる事がありまして、妻の実家の話なんですが…妻のお父さんは、会社を経営されていて、毎日帰るのは夜中の12時過ぎ。休みも殆どなく、とにかく仕事、仕事の人だったようなんです。そして、とにかくスパルタ。鉄拳制裁も当たり前。今ではお歳のせいか、だいぶ丸くなったご様子なんですが。妻達の子供の頃は、とにかく怖かったらしいです。いわゆる、「昭和の男」みたいな感じですかね(笑)。自分は少年時代に柔道をやってまして、
スパルタの経験も多々あり、そんな「昭和のスタイル」はある程度の理解はありますし、そして、お金の面で全く苦労をかけることもなく、家族をさを養ってきたお義父さんを、とても尊敬しています。しかし、あまりの恐怖に、妻や妻の兄弟達は、「パパ、もう帰ってきちゃう?」と、いつも聞いていたそうです。

ある時、嫁のお母さんが、「子供達の反応は、まるでウチと正反対だね。」と言っていた事があるのですが、子供達の、自分に対する素直な反応が、「パパとずっといたい」と思ってくれている事は、素直に嬉しいです。

もちろん、行ってきますの時には、「パパ、今日早く帰ってきてね!」と言われます。素直に、めっちゃ嬉しいです(笑)。その後、「気を付けて〜!」と続き、「愛してるよ〜」と続きます(笑)。ずっと、こんな一言が貰えるといいですし、自分もずっと「愛してるよ〜」と、言葉で表現していきたいですね。

言葉の持つ力って、とっても偉大です。僕は以前は、「男は黙って背中で語る」みたいな事がカッコいいと思っていたのですが…やはり、相手とちゃんと話さないと、
相手は理解してくれませんからね(笑)。ましてや、何十年と連れ添った相手ならまだしも僕の家族は、妻も子供も含めて、付き合いは10年も満たないですからね(笑)。なので、しっかりと自分の感情を言葉に出してコミュニケーションを図る事って、特に現代の生活においては、とっても重要ですよ~!

ではまた〜!

日々の子育てと家事

こんにちは!

いよいよ、梅雨も本格化してきた感じがありますね。毎日ジメジメして、汗かきな自分には耐えられない季節です。夏の暑さにも耐えられないですけどね(笑)。若い頃に、アメリカに1年ぐらい留学していた時期があったんですが、最初に過ごしたカリフォルニアは、温暖で、カラッとしてて、とっても住みやすかった思い出があります。その後、ニューヨークに渡ったのですが、気候的には最悪でしたけどね。まぁ、遊ぶには本当に楽しい街でしたが。

そんな昔の思い出はさておき…今日も、朝から我が家はバタバタでした。大体、我が家は朝7時半頃始動します。自分の仕事の始まりが遅いせいもあり、朝は割と遅めです。まぁ、自分は5時には起きて、色々やってるんですけどね。そして、朝は必ず、母親特製の生酵素ジュースを、家族分作ります。その後、お風呂掃除をし、子供たちを起こします。

下の子は大体さっと起きるんですが、上の子はなかなか起きない…逆に、寝る時は、上の子がさっと寝て、下の子全然ねないんです。現在4歳と2歳ですが、こんな頃から性格は出るんですね。きっと、大人になっても変わらないんだろうなぁ(笑)

子供たちを起こして、上の子のトイレタイム、その後2人のお着替え。そして、生酵素ジュースタイムにうつり、そのまま朝ごはん。その間、妻は洗濯物を干したり、朝ごはんやお弁当を作ったり。子供たちの朝ごはんを食べさすのは、基本的には自分の役割です。時間が無いのに、なかなか早く食べてくれない…でも、下の子がだんだん一人でご飯を食べれるようになってきたり、上の子が色々話しかけてきたり…自分にとっては、子供と触れ合う事ができる、貴重な時間です。帰ったら、大概寝てますからね。何とか食べ終わり、時間に余裕があれば洗い物をし、身支度をダッシュで済ませ、子供たちとともに行ってきます!

上の子は今幼稚園で、下の子も同じ幼稚園の託児所部門みたいな所に通っています。スクールバスがないので、毎日送り向かいを妻がやってます。幼稚園の送りの時間と、自分の仕事の時間がかぶるので、毎日朝は家族みんなで家を出て、自分は駅で下りて電車で仕事、妻がそのまま幼稚園に送っていくみたいな流れです。

まぁ、どこの家庭でも一緒なんでしょうが、なんで朝ってこんなに忙しいんでしょうね(笑)時間がないなか、子供にイライラする事も多々ありますが…さっきも言ったように、自分にとっては貴重な子供と触れ合える時間なので…とっても大切な時間です。そして、可能な限り、妻を助けてあげたくて、率先して家事をやるようにしています。

それは帰ってからも一緒で、自分の夕食を食べてからの洗い物、洗濯機のセット、洗濯物のたたみなど、やれる事は極力やっています。妻が疲れ果てて寝てる事もありますからね。
その逆も多々ありますが(笑)

と、まぁ、こんな毎日を送っています。現在朝の7時ですが、もうちょっとしたら、起こさないとなぁ…

ではまた!