最近の教育事情を聞いて思ったこと

おはようございます!ちょっと間があいてしまいましたね…
最近はまた運動不足の日々が続いていて…ふと、妻と出会う前と思うと、随分ぽっちゃりしたなぁと(汗)。子供はこれからどんどん激しく動くようになっていくのだろうし、もっと運動しないとなぁ…。
さて、前回まで我が家のママとのお勉強タイムについてのお話をしてきたんですが。妻の話を聞いていると、最近の教育事情というか、子育て事情というか、そういったものに物申したくなってくるんですよね。なので、今回はそういった事に対する、僕の見解をお話ししようかと。妻によると、今の世の中、小学生で塾は当たり前なんだそうです。僕が住んでいる名古屋市に限った事なのかもしれませんが…。もう、塾に通っていないと、学校の授業についていけなくなってしまうらしいのです。それよりも前の保育園や幼稚園時代に、しっかり勉強していないと、小学校に上がった途端に軒並み勉強についていけないとか。幼稚園に通っている子達は、幼稚園である程度勉強してくるので、まだ良いらしいのですが…。そうでない子は、みんな小学校に上がって困らないように、塾に行ったりするらしいのです。塾ですよ⁉︎僕の感覚では、小学校の間に塾っていうのもあり得ない話で、ましてや、幼稚園時代に塾なんて、そんなバカなと思ってしまいます。僕が子供の頃、もちろん小学校で塾なんて行ってなかったですし、中学の時ですら、夏期講習とかで塾に行った事はありましたが、殆ど塾なんて必要なかったです。それでも、別に困らなかったですし。僕が勉強が出来ない子ではなかったのでというのはありますが、でも、周りの友達を見ても、塾に行く子なんて、小学校時代には間違いなく1人もいませんでした。僕が生まれ育った所が物凄く田舎だったのはあるとは思うのですが、妻の話を聞いても、大なり小なりそんな感じだったと思います。今や、小学校で塾は当たり前。更には、塾に入っていないと、グループの輪から外れてしまうとか。「子供の頃なんて、遊んでなんぼじゃないの?」と妻に聞くと、周りがみんな塾や習い事しているから、遊ぶ友達がいないんだとか…。こんな状況って、ふざけてると思いませんか?いくら時代が違うと言っても、果たしてそんな環境が、子供の将来にとって、いいものなんでしょうか?何か、大事な事を忘れてしまっている気がします。
さて、言いたい事はまだまだあるのですが…。長くなってしまったので、次回に持ち越ししようと思います。
それでは、また!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする